ユースケの素朴な疑問と雑談

自分の素朴な疑問について隔週で書いていくよ。 現役高校生らしい内容です。

救世主 ゲーム

 

 ハイハイどうもこんにちは。ユースケです。

  今回はどんなことを話していくのかというと、前回に続けてゲームのことについて話していこうかなと思っています。では、さっそく本題にはっていきたいな。って思っているのですけど、その前に前回の「嫌われ者?」のおさらいをしていこうかと思ってます。 

f:id:gaangeen5257:20161102194119j:plain

 ゲーム”というものは今日、ものすごい勢いで成長を重ねてきている。そんな中、まだまだの大人の人々は受け入れてもらうことができず、そのうえいろいろな現代の問題によって、多くの人々から嫌われ「ヒール」となってしまっている。

 

 

 このように、悪者になってしまったゲームへの誤解をどうやって解いていくのかをこの回でやっていきます。

 結論からいうと、時が過ぎるのを待つべし!

えっ⁉えぇ?って思っている人もいるだろう。しかし、ここは黙って聞いていてほしい。ということで、理由を簡単に話していきます。

 

 今私たちの大好きなゲームを嫌っているのは誰なのかな?っていうのを考え直すと、親や先生、教師や先生なんかの大人である。「最近のわかものは~」みたいなことを叫んでいる大人ですね?そんな人たちと自分たちとでどのように立ち位置が違うのかを見ていこう。

 大人というのは今の日本を経済を支え、それだけでなく次の世を担うナルトでいう”玉”

f:id:gaangeen5257:20161114122206j:plainf:id:gaangeen5257:20161114122150j:plain

子供たちを支えて、また自分たちを支えてくれた高齢者を支えています。

 それに比べて自分たちは支えられているだけのくせに反発してしまうクソガキです。どちらのほうが力あるのか?ってきかれたらそれは当然大人です。これって摂関政治の時と同じで、誰が尊いですか?って聞かれたら”天皇さまー”ってなるのだが、だれが実権をにぎっているの?ってきかれたらそれは藤原家になる。そんなかんじだ!じゃあ、時がたつのを待ったらどうなる?

 自分たちが支えられる立場から支える立場にかわる。それによって今まで受け入れられることのなかった”ゲーム”を受け入れている人たちが基準になる。ゲームがより一般的になる。これは、ゲーム以外のことにも言える。youtuberやアイドルなんかにもこんなことが言える。

 そんなことから僕は「時が過ぎるのを待つ」のを進める

 

 こんなこといってもゲームをやりたいのは今。そしてそれに反発してくるのは今働いている親や先生です。そういう人たちの考えはどうやって変えていくべきなのか?すべてのひとびとの考えはさっきも言った通り”待つ”しかないんだが、身近な人たちの考えを変えるのだったら”説得”という道もある。

 じゃあ、どうやって説得するのか?

 それは、今抱いている悪いイメージを減らすか、それか良いイメージを増やすかのどちらかが必要だ。そして、私たちは前回ので悪いイメージは知っている。なので今回はそのことを最後に話していきます。しかし、全部書くと長くなってしまうので今回は前回書いたわるいイメージのうちの3個だけ書いていきます。

 

 

 「ひきこもり」

 まず、引きこもりを見ていきます。多くの人はゲームをするから引きこもりになるとおもっているが、それって本当のことなのでしょうか?本当は引きこもりになったからゲームをするのかもしれない。それどころか本当はゲームをしないかもしれないそれを見ていきます。

  

 まず、斎藤環先生(爽風会佐々木病院 精神科医)のインタビューによると、そもそも引きこもりというものは何かを”楽しむ”という心のゆとり自体が失われていて、横になったり、唖然としたりとそういう無為な時間を過ごす人が多いそうです。そういう人たちはゲームをしたりしないそうです。また先生はゲームをしていて引きこもりになる人を見たことないそうです。

 また、経験者の人にはこんなことを言っているひとがいました。毎日これからどうしていけばいいのか分からず、酷く苦しい思いをして「どうしたらみんなと同じ生活に戻れるのだろうか」と自問自答して悩んでいる状態で生活している。そんな人がゲームをやっって楽しむとは思えない。

 

 

 「勉強嫌い」

f:id:gaangeen5257:20161114122453j:plain

 これはどうやっても否定できない。無理です。たしかに勉強嫌いだったらゲームをやると思う。その通りです。

 そしたらゲームを取り上げたら嫌いな勉強をやるようになるのだろうか?否!断じて違う!どういうことかというと、ゲーム機が取り上げられたらテレビやスマホを使うと思います。また、その二つも取り上げられたらどうなるのかというと外で遊んだりするのだろう。そしたら娯楽をすべてをなくしたらどうなるの?きっと寝てしまうのだろう。みんなは娯楽がなくつまらない授業中になにをするのかというと寝てしまう人って多いですね?

 ゲームを取り上げても意味がない!じゃあどうすればいいか?勉強の楽しさなり。我慢した後の娯楽の楽しさを教えてあげましょう

 

 

「ゲームとリアル」「残虐」

 最後にこの二つをまとめてやっていきます。ゲームとリアルを区別できなくなって残虐になってしまう人たちが多いと思われていることもある。しかし、世界中で人気があるビックタイトルがたくさん売れたときには犯罪件数が減少することがあると米大学が発表している。みなゲームに必死になって犯罪をしている時間なんかないそうだ。

f:id:gaangeen5257:20161114122516j:plain

 これは自分の経験談なのだが自分がそういう危険なゲームをしてもゲームはゲーム。リアルはリアルと理解しているので、関係ないと思っています。

実際にゲームとリアルの区別がつかないことは精神的にもしくは、社会的に問題を抱えている人があるだろうが、普通の人はなかなか区別がつかないことにはならず、関係ないと言われているそうだ。

 

 

 最後

 ここまで言ってきた物事には限度がある。度が過ぎないために自分からある程度のルールを持ち出してゲームを快適にやっていくべきだと思います。

 

 それから、今までのBLOGもこれからのBLOGも自分の意見をただただ書いただけで、誰かのを見てそのまま書いたことはないのでそこにつてはなにも言わないでください。